みちのく銀行

みちのく銀行は、1976年10月、青和銀行と弘前相互銀行が合併し、改称して誕生した銀行です。企業スローガンとして「家庭の銀行 みちのく銀行」という言葉が採用されています。みちのく銀行はローソンATMとの提携や、イオン銀行とのATM相互接続を行っていますので、利用できるATMの範囲は比較的広いです。また、青森銀行との店舗外ATM共同利用可も図っています。

みちのく銀行の「みちのくインターネットバンキング」の利用申し込みをすれば、残高照会・取引明細照会・振込・振替・振替振込予約取消・定期預金預入・税金等払込み・取引限度額変更(引き下げのみ)・取引結果照会等が自宅のパソコンで利用できるようになります。インターネットバンキングを利用できるのは、日本国内に居住し、みちのく銀行に普通預金(総合口座・貯蓄総合口座を含む)キャッシュカード契約のある18歳以上の個人とされており、法人や屋号のついた名義の顧客は利用できません。

みちのくインターネットバンキングは、セキュリティ面にも力を入れています。通信途上でのデータの漏えいを防ぐためにSSL暗号化通信を採用しています。また、前回ログオンしたのがいつであったのか、直近3回のログオン日時が表示される仕組みになっています。ご自身の利用状況を思い出して、思い当たらない利用がされていないか、確認するクセをつけるといいですね。もしも、誤ったパスワードが複数回入力された場合には、サービスの利用停止が行われます。第三者が不正利用することを防ぐことができますね。


オススメ口座
パワーフレックス画像

新生銀行パワーフレックス
たった二週間で満期が来る!普通預金よりお得で定期預金より早く引き出せることで人気!